LEDって何がお得なの?具体的に知りたい人必見!


LEDは本当に寿命が長い!

LEDの寿命はおよそ4万時間です。4万時間というのは、約10年間に相当します。つまり、LEDにすると10年の間、照明を交換する手間から解放されることになります。白熱電球の寿命は1000時間程度、電球型蛍光灯の寿命は13000時間程度ですから、LEDと比べると寿命の長さは一目瞭然です。

省エネ効果が期待できる!

省エネということは、消費電力が低いということです。一般的な白熱電球と消費電力を比べると、最大で約86%も減らすことが可能だと言われています。消費電力が低いと、電気代も少なくてすみます。毎月の電気料金が安くなれば、家計が助かる家庭は多いでしょう。

紫外線フリーで虫が寄ってこない?

一般的にLEDは紫外線フリーです。紫外線に集まる虫は多いですが、ほとんど紫外線を放出しないとされるLED照明ならば、あまり虫が寄ってきません。虫はいつのまにか照明カバーの中に入ってしまいます。照明カバーの掃除を頻繁にするのは手間がかかりますから、虫が寄ってこなくなれば、頻繁に掃除する手間を省けます。

LED照明はすぐに明るくなる!

LED照明は電球型蛍光灯と比べると、明るくなるまでにかかる時間が短いです。LEDに比べて、電球形蛍光灯は温度に影響を受けるため、明るくなるまでに時間がかかってしまいます。特に、寒いときは明るくなるまでの時間に差が出ます。完全に明るくなるまでに約3分の違いがあると言われています。LED照明に変えると、時間も短縮できるのでお得です。ゆっくりと明るくしたい場合には、ゆっくりと時間をかけて明かるくなるLED照明ももちろんありますよ。早く明るくしたい場合とゆっくり明るくしたい場合で、照明を使い分けるのもいいですね。

LEDライトパネルというのは、家庭用電源で気軽に利用することができる表示面が光るポスターフレームのことです。